SAS Institute Japan は、教育機関向けライセンスプログラム「SAS Academic Program」のキャンパス全体向けライセンス「キャンパスプログラム」契約をもつ教育機関に、SAS の日本語教材を提供する。2013年1月10日から無償で配布する予定で、対象教材は、関係する SAS の有償トレーニングで使用している日本語教材。

SAS Institute Japan、キャンパス向けライセンス導入校に日本語教材の無償配布を開始
キャンパス向けライセンス導入工に日本語教材の無償配布を開始する SAS のトップページ

SAS は、日本でのデータサイエンティストやアナリストの素養をもつ学生の育成を目指し、実践的な日本語教材13種類および英語教材を、SAS を活用した授業を行う大学や大学院に無償で提供する。提供方法はデジタルデータで、「キャンパスプログラム」の契約をもつ学校内であれば、自由に利用できる。なお、教材で用いるサンプルデータも提供する。また教員向けには、本教材を使った授業スキル向上のためのトレーニング講座を拡充していくという。

東京大学大学院医学系研究科教授 工学博士の大橋靖雄氏は、以下のように述べている。

「ビッグデータ解析の必要性が種々の分野で唱えられているが、その解析にあたる統計専門家の養成システムで日本は世界、そして中国・韓国といったアジア諸国にまで大きく立ち遅れている。最近始められた「統計検定」は専門家養成のための手段のひとつだが、今回の SAS 社による教材提供も大学での統計・データ解析の教育に大きく貢献するものと評価する。SAS はビッグデータ解析のための標準的なソフトウェアだが、高度なプログラミング能力を要する。今回の決定が業界標準の SAS のアカデミアでの普及につながることを期待している」