SCSK は、Web から収集するデータに基づいて OSS を評価、格付けする「OSS Radar Scope」(オーエスエス レーダー スコープ)を公開した。

OSS のソースコードは無償で公開され、誰でも改良/再配布できるが、企業などが採用する際、OSS が一定の基準に従って選定されることは少ない。

そこで SCSK は、OSS の成熟度/品質/サービス/推進組織の安定性などの情報を集積し、透明性の高い基準で評価・格付けする「OSS Radar Scope」を公開することにした。

OSS Radar Scope は、SCSK が独自に考案した評価手法で OSS を格付けし、その評価手法はすべて公開される。格付けの対象となる OSS は、各分野(プラットフォーム、ミドルウェアなど)から注目すべき102本を選定、評価対象となる OSS に関する、Web から収集できる客観的データを月次で収集、毎月再格付けする。

結果はレーダーチャートで提示される。

SCSK、OSS を格付けする「OSS Radar Scope」を公開
OSS Radar Scope 画面イメージ図