WAN 最適化ベンダーのリバーベッドテクノロジーは、「Amazon Web Service」(AWS)「マーケットプレイス」で「Stingray」製品群を入手できるようになった、と発表した。

これにより顧客ユーザーは、Web コンテンツ最適化(WCO)や Web アプリケーション ファイアウォール(WAF)セキュリティ機能を統合したアプリケーションデリバリーコントローラ(ADC)ソリューションを利用できるようになる。

これらの新機能は、課金サービス「Amazon DevPay」モデルにより、2009年に「Amazon Elastic Compute Cloud」(Amazon EC2)で販売を開始した Stingray 製品の提供形態を拡充したもの。

またリバーベッドは、「Amazon Virtual Private Cloud」(Amazon VPC)をサポートする「Stingray Traffic Manager」ソフトウェアを販売する予定であることも発表した。

これにより、企業ユーザーは単一のアベイラビリティゾーン内で、またサードパーティのデータセンターとアベイラビリティゾーンのハイブリッド環境にわたり、可用性を備えたアプリケーションを導入できるようになる。

Stingray Traffic Manager は、AWS で稼働するアプリケーションを実行したり、オンデマンドで移行したり、拡張できる、トップレベルのアプリケーション デリバリー コントローラ(ADC)。より大量のトランザクションレート処理に対応できるアプリケーションの開発を支援するもの。

「Stingray Aptimizer」の WCO 技術や、「Stingray Application Firewall」のアプリケーションアウェアな Web アプリケーション ファイアウォールなどのオプションを組み合わせて、AWS マーケットプレイスで販売される。

リバーベッド Stingray、AWS マーケットプレイスに
リバーベッドのトップページ

導入ガイド:AWS クラウドに Stingray 製品をデプロイする