ニワンゴは、12月14日朝に極大(流れ星の出現数ピーク)を迎える「ふたご座流星群」のようすを動画配信サービス「ニコニコ生放送」で生中継する。番組名は「ニコニコ天体観測 ふたご座流星群」。12月13日23時より配信する予定。

今夜23時より「ニコニコ天体観測」で「ふたご座流星群」を生中継、天候は全国で良好そう
ニコニコ天体観測 ふたご座流星群

今回のふたご座流星群は、13日夜から14日早朝が観測ピーク。今年は、新月で月明かりの影響も少なく、1時間あたり約50個の流星を見られる見込み。

ニコニコ天体観測では、雑誌「月刊天文ガイド」(誠文堂新光社)のカメラマンである井川俊彦さんを解説に迎え、14日の明け方に向けて増えていく流れ星を生放送するとしている。

なお、ウェザーニューズは「流星見えるかなマップ」で、極大を迎える時間帯について「13日(木)夜〜14日(金)早朝は、全国的に流星観測のチャンスあり!」と予想。ただし、厳しく冷え込むので、観測する際にはしっかり防寒するよう呼びかけている。

また、ウェザーニューズはライブ番組「SOLiVE24」内で、ふたご座流星群を楽しむための特別番組を12月13日22時より放送する。流星が観測できると期待される全国7か所に中継班を派遣し、流星群のようすを生中継する予定。同番組は、スマートフォン用アプリケーション「ウェザーニュースタッチ」(iOS 版/Android 版)のほか、Web サイト、BS テレビ「BS 910Ch」で視聴可能。

ふたご座流星群の観測可能地域(12月13日11時現在の予報)
ふたご座流星群の観測可能地域(12月13日11時現在の予報)
(出典:ウェザーニューズ)

さらに今回は、有料会員向けコンテンツ「流星キャッチャー」を通じ、流星が観測されたことを会員の iPhone や Android スマートフォンへプッシュ通知で知らせ、リアルタイム編集した動画を見せるという取り組みを行う。

プッシュ通知画面の例
プッシュ通知画面の例