トレンドマイクロは、2012年11月度のインターネット脅威状況を発表した。

日本語の開発言語「プロデル」で作成された不正プログラムを確認、トレンドマイクロ
インターネット脅威状況を発表したトレンドマイクロ

発表によると、同社は11月下旬、日本語の開発言語「プロデル」で作成された「TROJ_DELETER.AF」(デリーター)を確認した。これは、海外製のサンドボックスゲーム「Minecraft」を装って「自作 Minecraft.exe」のファイル名で国内のゲームコミュニティサイトで流通しており、ユーザーがファイルをダウンロードして感染すると、PC 内の全ファイルを削除してしまうものである。実際の感染例は少数だが、OS のシステムファイルも削除されるため、感染すると OS を起動できなくなる恐れがある。

同様に、日本語の開発言語「TTSneo」で作成された不正プログラムとしては、2011年2月に「TSPY_KEYLOG.AG」(キーログ)が確認されている。これは Skype のインストールモジュールや Yahoo!メール用のアプリを装ってインストールを促し、実行後はアフィリエイトサイトにユーザーを誘導するものであった。

不正プログラムを開発するプログラミング言語は、一般的なプログラムでよく用いられる C/C++、C#、VB.NET、Java、アセンブリなどが主流であり、稀な例として、単純な機能を簡単に設計する上で日本語のプログラミング言語も使われ始めているという。不正プログラムを作成できる不正ツールの横行をはじめとして、悪意を持ったユーザーが攻撃を仕掛ける上での選択肢は今後も広がっていくことが懸念されている。