IT インフラソリューションのネットワールドは、英国 StorMagic の仮想ストレージソフトウェア最新版「StorMagic SvSAN 5.0」の販売を開始した。

ネットワールドは、StorMagic SvSAN 単体販売に加え、x86 サーバーに「StorMagic SvSAN」「VMware vSphere」などをプリインストールしたオールインパッケージ製品「SVP」(Smart Virtualization Pack)も販売しており、近日中に SVP もバージョンアップして販売する。

StorMagic SvSAN は、VMware vSphere をインストールしたサーバーのローカルディスク空き領域を iSCSI の共有ストレージ領域として利用できるようにするバーチャルアプライアンス製品。SAN/NAS ストレージを導入せずに、安価に共有データストアを構築できる。仮想マシンをダウンタイム無しで別ホストに移動できる「VMware vMotion」のほか、「VMware HA」機能も、物理的な共有ストレージがなくても利用できる。

最新版の StorMagic SvSAN 5.0 では、「VMware vSphere 5.1」環境に対応した。

また、管理コンソールの機能を強化してインストール工数を削減、従来30〜60分かかった仮想ストレージの展開を15分程度で完了できるようになった。

ネットワールド、管理コンソール機能を強化した仮想ストレージソフトウェア「StorMagic SvSAN」新版を発表
管理コンソール画面

さらに、新たに SNMP をサポート、多拠点に複数導入した仮想化環境の VMware と StorMagic のステータスも、本社やセンターオフィスのひとつの「VMware vCenter」で一元的に遠隔管理できるようになった。

参考価格は2ノードライセンス、実効容量 2TB で24万9,800円(税別)から。

StorMagic トップページ
StorMagic トップページ