ソニーは、スマートフォンやデジタル カメラなどに使われるイメージ センサーで肌の色や状態を解析できる技術「SSKEP(スケップ)」を発表した。イメージ センサーの新たな応用分野として、新市場を開拓する取り組みの一環として開発したもの。

SSKEP は、きめ/しみ/毛穴/明るさ/色味のような肌の状態を、定量的かつ多角的に測定/解析できるという。スマートフォン用カメラなど向けの裏面照射型 CMOS イメージ センサーをベースに、複数波長光源の制御、取得した画像データから肌解析を行うアルゴリズムといった技術を組み合わせ、高精度かつ高速に解析するとしている。そのため、SSKEP を用いると、一般に業務用は大型で高価、消費者向けは測定項目が少ないという肌測定器と違い、小型かつ多機能な肌解析商品が開発可能だそうだ。

ソニー、簡単/高速/高精度な肌解析技術を開発、スマホ用画像センサーの新市場を開拓
SSKEP の仕組み

特に SSKEP は、可視光に加え近赤外光を使った画像取得を行うことで、皮膚の表面だけでなく皮下の情報も取得し、多様な測定を実行する。そして、画素単位で皮膚に含まれるメラニンなどを成分分析し、皮膚内部に隠れて目に見えないしみのような肌情報を取得できる。

SSKEP による肌解析例
SSKEP による肌解析例

なお、同様の技術は、富士通が化粧品メーカー/美容・健康関連サービス事業者向けクラウド サービス「肌メモリ」として提供を開始している。また、一般消費者向けとしては、洛洛.com の iPhone 用アプリケーション「Beautecam(ボーテカム)」といったものもある。