OSS/Linux 技術者認定機関として「LPIC」および「OSS-DB 技術者認定制度」を実施するエルピーアイジャパン(LPI-Japan)は、認定校であるゼウス・ラーニングパワーが、日本初の英語による LPIC 受験対策コースを開設した、と発表した。

ゼウス・ラーニングパワーでは、英語で意思疎通できる IT エンジニアのニーズが高まっているというビジネス環境の変化に対応して、英語による Linux 教育コース「Learn Linux in English」を提供する。

講師は、LPIC 認定者でかつ英語教育の経験が豊富な英語のネイティブスピーカーを採用。実務で役立つ Linux の知識や業務でよく使われる英語の言い回しを効率的に学習できるようにプログラムを組んでいる。また、ピアソン VUE 公認テストセンターを併設しているので、コース受講後すぐに LPIC を英語で受験できる。

日本初の英語で Linux が学べる LPIC 対策コース「Learn Linux in English」
ゼウス・ラーニングパワーのトップページ