SAP ジャパンはソーシャル戦略2製品「SAP Jam」「SAP Social OnDemand」を発表、販売を開始した。

SAP Jam は、Facebook のようなソーシャル機能を業務アプリケーションや業務プロセスに組み込んだ、社内用コラボレーションソフトウェア。また、SAP Social OnDemand は、Twitter や Facebook と連動し、ソーシャルメディアからビジネスに関するアイデアやヒントを引き出すことができるもの。

SAP Jam や SAP Social OnDemand で、オンプレミス/クラウドアプリケーション、モバイルデバイスにソーシャル機能やコラボレーション機能を導入、顧客やパートナー企業に効果的な対応し、作業工程や意思決定を合理的に行えるようにする。

SAP ジャパン、ビジネスアプリ/プロセスにソーシャル機能を追加するクラウド「Jam」「Social OnDemand」を発表
「SAP Jam」トップページ

SAP Jam は、エンタープライズ ソーシャルネットワーク向け「SuccessFactors Jam」と「SAP StreamWork」を同じプラットフォームに統合し、新機能を追加したもの。

営業/財務/人事などのさまざまな業務部門を対象に、社内/外出先でのコラボレーションをサポート、また、その場で、データやコンテンツ、プロセスなどに関わるコラボレーションを実施できる。「SuccessFactors Business Execution」(BizX)スイート、オンプレミス版「SAP CRM」(Customer Relationship Management)とも連携できる。

「SAP Social OnDemand」トップページ
「SAP Social OnDemand」トップページ

SAP Social OnDemand は、ソーシャルメディアを通じて顧客の声に耳を傾け、双方向のコミュニケーションを向上させるもの。ソーシャルメディアに関する優先順位の決定やコミュニケーションに関するプロセスを簡易化し、重要なビジネストレンドに焦点を合わせ、分析に基づいて行動を起こせるようになる。

さらに、ソーシャルメディアでの影響範囲や他のエンタープライズシステムの顧客データなど、投稿者のプロファイルに基づき、顧客に対し、見落としなく適切に対応できるようにする。オンプレミスの CRM や既存のデータナレッジと統合する機能もある。