大日本印刷(DNP)と東京大学は共同で、1分間に250ページの速さで紙の書籍を撮影して画像データとして保存できるブックスキャナーを開発した。
日本印刷と東京大学が、1分間250ページの世界最速ブックスキャナーを開発
開発されたスキャナー


電子書籍の利用の進展に際して、既存の書籍や書類を電子化するニーズが急速に高まっていることを背景に、DNP と東京大学の石川正俊教授、渡辺義浩助教の研究チームは共同研究を開始した。

同研究チームが開発した、本をパラパラめくるだけで全ページを画像として保存できる高速画像処理技術をベースに、2010年9月より共同研究を行い、今回、共同研究の成果として、書籍を冊子体のままの速さで画像データ化できるブックスキャナーの実用試作機を開発した。このスキャンスピードは現在世界最速レベルだという。

また、この試作機では、ページめくりの機構が撮像の邪魔にならないように設計されているので、冊子体を裁断せずにスキャンできる。さらに、撮像された画像と同時に取得した3次元形状を用いて、変形する前の平面の書籍画像に復元する、独自の補正技術を備えている。
瞬時に変形する前の書籍データを復元できる
瞬時に変形する前の書籍データを復元できる

 
この取り組みは、2012年11月20日から22日にパシフィコ横浜で開催される第14回図書館総合展の DNP ブースで研究内容が展示される。