米国 Google は、銀河系内の星を調べられる宇宙探検を Web ブラウザ上で擬似体験できる実験的サービス「100,000 Stars」を提供開始した。著名な星の名前や詳細情報を知ることができるほか、マウスやトラックパッドをスクロールして、銀河内を自由に行き来でき、10万の星の位置関係を知ることができる。アメリカ航空宇宙局(NASA)や欧州宇宙機関(ESA)の膨大なイメージやデータを用いた。

Google Chrome で銀河系を宇宙旅行、マウスをスクロールして自由自在な視点で
各星の位置関係が一目瞭然にわかる

太陽に向かって詳細までズームしていくと、よく知られる星の名前が表示され、名前をクリックすれば星の情報と動きを見られる。ズームアウトしていくと、天の川銀河のどこを見ているのかを全体的な位置関係を知ることができる。

太陽系各惑星の公転軌道を知ることができる
太陽系各惑星の公転軌道を知ることができる

このサービスには、Google Chrome の WebGL、CSS3D、Web Audio を利用した。音楽の大半は人気宇宙アドベンチャーゲーム「Mass Effect」の作曲も手がけた Sam Hulick 氏が提供する。

この実験を通して、Google は銀河が実際のところどれほど大きいのかそのすばらしさを利用者と共有したいとしている。