ウェザーニューズは、11月17日夜に極大(流れ星の出現数がピークを迎えるタイミング)となる「しし座流星群」のようすを、スマートフォン用アプリケーション「ウェザーニュースタッチ」(iOS 版/Android 版)および BS テレビ「BS 910Ch」の24時間ライブ放送番組「SOLiVE24」や特設 Web サイトで生中継する。中継は、同日22時より提供する特別番組のなかで行う。さらに、流星のようすはニワンゴのライブ動画配信サービス「ニコニコ生放送」でもリアルタイム配信する予定。

しし座流星群は、毎年11月中旬に出現し、条件が良ければ1時間あたり10個程度の流星を見ることができる。2001年に大出現したことで有名となった。最近は出現数が落ち着いているが、火球(一般的に光度が概ね−4等級よりも明るい流星。−4等級とは最も明るい時期の金星程度)のような「大物」に出会えるチャンスがあるので見逃せない流星群だ。

今年しし座流星群がピークとなるのは17日の19時ごろだが、放射点があるしし座は23時過ぎから東の空に昇るため、夜遅いほど観測しやすい。また17日は新月に近いため、月明かりによる影響はあまりなさそう。

SOLiVE24 では、最新の気象予測を参考にして、しし座流星群の観測が期待される日本および韓国の合計7か所で中継する。中継番組ではチャット機能を利用し、視聴者から寄せられたコメントを紹介するなどして流星を見た感動や喜びを共有したいとしている。

なお、ウェザーニューズが11月15日に発表した17日の天気傾向情報によると、当日は低気圧や前線の通過後、西高東低の気圧配置となり、太平洋側を中心に天体観測に絶好の天気となる。日本海側では曇りや雨のところが多くなるが、北陸を含む西のエリアでは雲の隙間を狙えば見えるチャンスがあるとしている。

ウェザーニューズ「SOLiVE24」で11月17日22時より「しし座流星群」を生中継、「ニコ生」でも
しし座流星群の観測可能地域
(出典:ウェザーニューズ)