インテルゼンリンは、マルチプラットフォームに対応する新たな地図アプリケーションの開発に向け、協力する。

両社は、HTML5 を使用することで、PC やスマートフォン、タブレット機器、車載機器などのマルチプラットフォームに対応し、インターネットで随時変化するデータを適時、地図上に表示できる地図アプリケーションを開発する。

また、ニューフォリアの協力のもと、車載用のコンセプトデモンストレーションシステムを試作したという。同システムは、車載ディスプレイに表示するユーザーインターフェイスや、その上で動作する地図アプリケーションを HTML5 で開発し、インターネット上のデータと連携させて、ユーザーの利便性を向上させるもの。

インテルとゼンリン、マルチプラットフォーム対応の地図サービス開発で協力
ゼンリン Web サイト