NEC は、コミュニケーション&コラボレーションプラットフォーム「UNIVERGE 3C」の販売を開始した。出荷期間は2013年1月。

「UNIVERGE 3C」は、従来別々に利用されていた電話/ビデオ/プレゼンス/インスタントメッセージ/Web 会議といった機能を、統合的に利用できるプラットフォーム。Web アプリケーションアーキテクチャを採用することにより、スマートフォン/タブレット/PC など多様な端末で同じ操作感覚を提供し、操作性も向上するという。

価格は、1,000ライセンスの場合、標準価格で2,100万円から。

今後、モバイルワーカーは世界的に増え続け、2015年には全世界で13億人に達すると言われている。UNIVERGE 3C はこうしたモバイルワーカーに最適なユーザーエクスペリエンスを提供することを目指している。

さらに UNIVERGE 3C は、業務アプリケーションとの連携、音声システムとの連携、仮想化対応など、統合コミュニケーション&コラボレーションプラットフォームとして、企業のビジネス基盤の強化する。

イメージ
コミュニケーション&コラボレーションプラットフォーム「UNIVERGE 3C」