私は、Firefox 1.0 の記事を書いたときのことをよく覚えている。2004年11月9日のことだった。当時は現在とは何もかもが違っていた。

2004年当時、モバイルと言えば WEP のことだった。書籍と言えば、電子書籍ではなく紙の本を指していた。そして Web を進化させるブラウザと言えば、Firefox だけだった。2004年の時点では「タブブラウザ」は世界のインターネットユーザーにとって、画期的なイノベーションだったのだ。

それからの8年間、Firefox は Web イノベーションの最前線に居続けた。特にここ1年ほどは、その進化の速度は、我々の想像を超えたものとなっている。Mozilla が採用した Firefox の6週間ごとの高速リリースは、Web の進化をかつてないほどに加速させたのだ。

Firefox 自身も進化を続けている。

8年前、「Firefox」は Web ブラウザの名前に過ぎなかった。だが現在では、「Firefox」は Mozilla の様々なサービス・製品のブランド名に使用されるようになった。現在開発中のスマートフォン OS「Firefox OS」や、アプリストア「Firefox Marketplace」を含め、Firefox という名前は単なるブラウザの範疇を超えたものとなっている。

おめでとう Mozilla! あなたたちの開発した小さな Web ブラウザは、大きな、そして重要な存在となり、さらに成長を続けている。

Sean Michael Kerner
Sean Michael Kerner は、InternetNews.com の主任編集者。