日立BS-TBS は、日立の音声 SNS「talkfield」(トークフィールド)の実用化に向け、新サービスの創出や事業モデルの開発、市場開拓に関する業務提携を締結した。

第一弾として、2012年11月6日から2013年1月10日までの約2か月間、スマートフォンユーザーを対象とした talkfield トライアルサービスを行い、共同で評価・検証する。

talkfield は、スマートフォン専用アプリを通じて投稿した音声メッセージをユーザーが共有できる、ソーシャルサービス。「〜15秒にあふれる想いを込めて、声で伝える SNS〜」をコンセプトに日立が開発した。気の合う仲間で作る「コミュニティ」、大切な人と語り合う「プライベート」、みんなに伝える「パブリック」の3つのフィールドを提供する。

talkfield は、Harmonious Cloud センターから行う SaaS 型サービスであるため、メディアや社会インフラ関連などの企業、公共分野など、幅広いユーザーのニーズに合わせて、柔軟にシステムを構成、サービスすることができる。

今回のトライアルに先行して、10月1日から、日立社員、BS-TBS 社員を対象としたトライアルを開始しており、11月6日からは、既存の参加者から招待を受けた友達も参加できる「友達招待」機能を追加、トライアルを拡大した。

トライアル参加者は、利用中の iPhone に、日立の iOS アプリをApp Store からダウンロード、期間終了までの約2か月間、talkfield を利用できる。

日立、BS-TBS と音声 SNS「talkfield」のトライアルを開始
「talkfield」サービス概要図