日本 IBM は、エントリーモデルのディスクストレージ製品「IBM Storwize V3700」を発表した。ディスクの使用率を向上させる機能を標準搭載する。

上位機種「IBM Storwize V7000」(V7000)の機能を制限し、小規模な環境向けに価格を抑えたモデルで、V7000 の、リアルタイムデータ圧縮機能と異機種ストレージ接続機能以外の機能を利用できる。中堅企業や業務部門単位向け。最小構成価格は122万7,200円(税別)。出荷開始は11月23日。

日本 IBM、ディスクストレージ V7000 の廉価モデルを販売
「IBM Storwize V3700」

V3700 は、システム環境の変化に応じて、サーバー稼働中でも、SSD や高速 HDD、大容量 HDD などのストレージ階層間でデータを再配置できる「階層型ストレージ管理(ILM)機能」や、限られたストレージ容量を効率よく使用する「シンプロビジョニング機能」を標準搭載する。

管理画面は日本語に対応している。

また、ディスク拡張ユニットを接続すると、物理容量で最大 180TB まで管理できる。データ移行作業でも、サーバー稼働中にデータを移行させる機能があり、他社ストレージ製品を含む既存のストレージ装置から V3700 へ、簡単に移行できるそうだ。

ストレージ簡易診断サービス「SMASH」にも対応し、効果を導入前に把握できる。SMASH は、日本 IBM および IBM ビジネスパートナーから無償で提供される。

紹介ビデオより
紹介ビデオより

「IBM Storwize V3700」紹介ビデオ