東日本旅客鉄道(JR 東日本)は、鉄道路線の非電化区間で走行可能な充電式電車「NE Train スマート電池くん」をベースとする新型車量「EV-E301系」を烏山線へ実用導入すると発表した。2014年春ごろ、営業運転を開始する予定。

JR 東日本、充電式電車「スマート電池くん」を烏山線に実用導入
試験走行中の「スマート電池くん」

スマート電池くんは、大容量の蓄電池を搭載し、「蓄電池駆動電車システム」を採用した電車。電化区間では、一般的な電車と同じく架線からの電力で走行しつつ蓄電池に充電する。非電化区間では、蓄電池の電力を使って走行する。非電化区間でも、一部駅などに充電設備を設ければ急速充電することが可能で、栃木県内の東北本線と電化されていない烏山線を利用して、試験走行を行っていた

上記の試験走行を経て、実用性の確認を終了したことから、「蓄電池駆動電車システム」を採用した新型車両が烏山線に導入されることになった。運用区間は烏山線が烏山駅から宝積寺駅まで、東北本線が宝積寺駅から宇都宮駅までとなっている。

まず、先行車2両1編成を導入し、最終的には烏山線の気動車をすべてこの新型車両に置き換える予定。

実用導入されることになった「EV-E301系」
実用導入されることになった「EV-E301系」