米国 Apple は2006年から同社の Mac に Intel 社製 CPU を搭載してきた。だが近い将来、Mac にも iPhone や iPad と同じ ARM ベースのプロセッサが採用されることになるかもしれない。米国メディア Bloomberg が伝えている。

同メディアは、事情に詳しい関係者の話として次を伝えている。

「Apple のエンジニアは、同社のモバイルデバイスに使用されているチップ開発に自信を深めており、近い将来、デスクトップやノート PC での利用に十分なパフォーマンスを持つチップを開発できると考えている」

iPhone 5 で使用されている A6 チップは高速ではあるが、新型の Mac で採用されている Intel Ivy Bridge チップには及ばない。モバイル用チップとデスクトップ用チップのパフォーマンスには現時点ではまだ大きなギャップがあるが、Apple は近い将来、このギャップを埋められると考えているようだ。

Bloomberg は、Apple は Intel との契約があるため、あと数年は ARM に乗り換えることはないであろうと予測する。一方、今後モバイルデバイスの機能と PC の機能が接近していくにつれ、Mac が ARM ベースへと設計を変更していくのは必然であろうともしている。

「iPhone および iPad と Mac は、ますます機能の共有を深めている。だが、チップが異なることで、シームレスに動作する機能の構築が困難になっている面もある。例えば、iPhone や iPad で動作する何千ものアプリや、Apple の音声コマンドツール『Siri』などは、Intel ベースの Mac で動作させることはできない」