富士ゼロックスは、複合機やパソコンの Web ブラウザから利用できるクラウド型(SaaS)機械翻訳サービス「スキャン翻訳サービス」を11月5日に開始した。紙媒体でも電子文書でもその場で翻訳するという。対応言語は日本語のほか、英語、中国語(簡体字、繁体字)、韓国語。双方向に翻訳できる。

富士ゼロックスがクラウド翻訳サービスを開始、画像認識により複合機でコピーするように翻訳
紙媒体はコピー感覚で翻訳でき、電子文書もアップロードすれば翻訳できる

翻訳エンジンは同社と高電社が開発した独自翻訳エンジン。9分野の専門辞書を切り替え利用できる。社員名や商品名などの固有名詞や社内略語などは、最大800ファイル(1ファイルにつき2万単語まで)までユーザー辞書登録可能で、翻訳精度が高いという。

9分野の専門辞書のほか、ユーザー辞書にも800ファイルを登録可能
9分野の専門辞書のほか、800ファイルのユーザー辞書を登録可能

富士ゼロックスの画像処理技術によって文字部分のみを翻訳することで、原稿のレイアウトを崩さない翻訳が可能。翻訳形式は、原文を訳文に置き換える「置き換え翻訳」に加え、原文に訳文を併記する「ルビ風翻訳」、単語にのみ訳文を併記する「単語訳」などから選択できる。

同時翻訳処理数とユーザー数によって値段体系が異なる。月額1万円(税別)から45万円(同)までのコースを用意している。