IT インフラソリューションのネットワールドは、VDI(Virtual Desktop Infrastructure:仮想デスクトップ)と SBC(Server Based Computing)のベンチマークツール「Login VSI」の製品版、「Login VSI Pro」の販売を開始した。

Login VSI は、オランダの Login VSI 社の製品。ネットワールドは、今年7月に販売代理店契約を締結、8月から無償版(英語環境のみ対応)を配布していた。

今回発売する製品版は、日本語環境でも動作できる。

そこで、サーバー、ストレージ、ネットワークのベスト オブ ブリード(Best of Breed)製品による垂直統合アーキテクチャ「FlexPod」をベースに、VDI ソフトウェア「VMware View」、VDI 監視ツール「Stratusphere UX」(LiquidwareLabs 社)、ベンチマークツール Login VSI Pro などを組み合わせた、ネットワールド独自のコンバージド インフラストラクチャ「Networld VDX」の販売を開始する。

Networld VDX には、I/O 高速化の「Atlantis ILIO」(Atlantis Computing)を組み合わせたエディションもある。

Networld VDX では、VDI に必要なハードウェアとソフトウェアすべてを検証済み/サイジング済みの状態で提供するため、短期に VDI 環境を導入できる。導入後も、ベンチマークツールや監視ツールで、最適な環境を維持できるそうだ。

第一弾として本年度中に、中大規模向けに、物理 PC と同じ環境を VDI で構成できる「Networld VDX for500VDI」を、Microsoft VDA ライセンス(500デバイス分)も含め、1デスクトップ当たり約14万円で販売を開始する予定。

ユーザーごとに個別デスクトップを提供するパーシステント形式で、500デスクトップの同時起動/同時ログイン/同時利用できるパフォーマンス検証済みの「Networld VDX for500VDI」を、Microsoft VDA ライセンス(500デバイス分)も含め、1デスクトップ当たり約14万円で販売を開始する予定。

VDI ベンチマークツール日本語対応で FlexPod ベースの Networld VDX を販売
Networld VDX 構成表