さまざまな製品の分解/修理マニュアルを公開している米国 iFixit は、米国 Apple が販売を始めた従来モデルより小さな7.9インチ画面の新型タブレット端末「iPad mini」の分解手順などを公開した。iFixit は分解/修理のしやすさを「Repairability Score」という10段階スコアで評価しており(1が最も難しく、10が最も簡単)、iPad mini のスコアを2とした。その理由は、LCD パネルとフロント ガラスが融着していないものの、画面全体がケースに接着されているほか、バッテリや基板、ヘッドフォン ジャックなどが同じように接着されているからという。

iFixit が「iPad mini」を分解、LCD ドライバは Samsung 製、スピーカーはステレオ
分解しきった iPad mini

iPad mini は Apple の設計思想を踏襲しており、その影響で部品の交換が難しいそうだ。そのため、iPad mini のバッテリを交換するには99ドルかかり、この手数料は329ドルという本体価格からすると非常に高いという。

分解時に緩める必要のあるネジの一部はカバーの下や細い隙間の下に隠されていて、見つけるのに手間がかかる。また、極めて小さいネジも使われ、iFixit はこれまで出会ったなかで最も小さなネジが使用されていたとしている。

カバーを開けると現れるバッテリ
カバーを開けると現れるバッテリ

これまで多くの部品供給を韓国 Samsung Electronics から受けていた Apple だが、ここにきて Samsung 離れの方針とのうわさが流れている。ところが今回 iFixit が分解した iPad mini の LCD ドライバ LSI は Samsung 製だったため、LCD パネルが Samsung 製の可能性もあるとみる。また、スピーカーは2つ搭載しており、ステレオ対応となっている。パソコンなどとの接続に使う新コネクタ「Lightning」の部品は、基板に半田付けされていた。

基板
基板

ステレオ スピーカー
ステレオ スピーカー

バッテリの仕様は、以下のように3種類の食い違う表記がありはっきりしない。

(1)3.72V、16.5Wh、4,440mAh
(2)3.78V、16.9Wh、4,400mAh
(3)3.72V、4,400mAh

食い違うバッテリ仕様の表記
食い違うバッテリ仕様の表記

ちなみに、iPad mini とよく比較される他社製タブレットの Repairability Score は、米国 Amazon.com 製「Kindle Fire HD」および米国 Google 製「Nexus 7」が7で iPad mini より分解/修理しやすく、米国 Microsoft 製「Surface」が4。

また「(第3世代)iPad」(関連記事)は2、「iPod touch」は4でいずれも分解/修理が難しい。同じ Apple 製品でも「iPhone 5」は7で、分解などが行いやすい。

iPad mini 分解の解説ビデオ