日本マイクロソフトは、会計管理/販売管理/生産管理/サービス管理などの基幹業務を統合した ERP 製品の新バージョン「Microsoft Dynamics AX2012 R2」を、2012年12月1日に、日本を含む11か国で同時リリースする。

今回のリリースにより、日本、ブラジル、チェコ共和国、中国、エストニア、ハンガリー、インド、ラトビア、リトアニア、ポーランド、ロシアの11か国の国別機能が新たに追加されることで、グローバルにオペレーションを管理できるようになる。

また、Dynamics AX2012 R2 ではエンタープライズ クラスの機能が追加され、1つのインスタンスで複数会社/複数業務間でソリューションを利用できる。製造業、小売り、サービス業界などに特有な機能も、複数業種の機能が同時に必要な組織で役立てることができる。

さらに BI 機能を強化し、経営/財務データをより柔軟に可視化できる。他の Microsoft 製品ソリューションとも連携できるので、Microsoft SQL Server 2012 の新 BI 機能である PowerView を使用し、高度なビジュアル化やデータ分析ができる。

なお、製品価格やその他詳細は後日発表する予定。

同社は日本では、2007年から30社のパートナー経由で Microsoft Dynamics AX を販売しているが、直近の前リリースは2009年2月の「Dynamics AX 2009」だった。