フリービットの子会社である DTI は、初期費用無料で月額ワンコイン(490円)から利用できる仮想専用サーバーサービス「ServersMan@VPS」の定例アップデートを発表した。

DTI では ServersMan@VPS のアップデートを定期的、継続的に実施しており、9月のアップデートでは保証メモリを倍増、512MB を490円から利用できるようにした。

今回のアップデートでは、ServersMan@VPS の利用開始後にすぐにサーバーを構築できる「セットパッケージ」の各プランで CentOS 6.3 に対応した。

通常、サーバーアプリケーションのインストールやその設定など、サーバー構築には時間がかかるが、「セットパッケージ」だとあらかじめサーバーアプリケーションをインストールした状態で利用を開始できるので、すぐにサーバーを構築できる。

また、「セットパッケージ」のひとつの「エンジニアセット」で利用できる管理ツールとして、Web ブラウザでサーバー設定を GUI で管理できるツール「Webmin」の提供を開始する。