SAP ジャパンは、インメモリー技術を採用した次世代クラウドプラットフォーム「SAP HANA Cloud」計画を10月22日に発表した。

また、SAP HANA Cloud の一部として、オープンスタンダード準拠アプリケーションサービス「SAP NetWeaver Cloud」と、SAP HANA Cloud の初の製品として、「Amazon Web Services(AWS)Cloud」での本格運用で認定を受けた「SAP HANA One」の販売を同日開始した。

SAP ジャパン、HANA によるクラウド プラットフォームを発表
SAP HANA Cloud

SAP HANA Cloud には以下の主要製品が含まれる予定。

SAP HANA AppServices in SAP HANA Cloud

ネイティブの SAP HANA、Java、などで次世代アプリケーション作成する際、開発者を支援するサービス。強力な共有サービスのセットによる、ポータル、統合、モバイル、アナリティクス、コラボレーション、および商用サービス用の包括的サポート、ユニファイドクラウドの実現とライフサイクルマネジメントが計画されている。

SAP NetWeaver Cloud

すべての顧客やパートナー向けの、SAP HANA Cloud 初のアプリケーションサービス。モバイルとポータルで、コンシューマーグレードの体験を実現する Java ベースのアプリケーションを構築できるようになり、オンプレミスやその他のクラウドアプリケーションに統合、および SAP によるセキュリティを確保した展開、管理ができるようになる。

SAP NetWeaver Cloud は、すでに900万人以上の Java 開発者が利用しており、最も一般的な Web/モバイルフレームワークを使い、エンタープライズ向けアプリケーションを構築できる、オープンプラットフォームとなっている。SAP では開発者コミュニティに対する取組み強化の一環として、SAP Netweaver Cloud に関する従来の90日制限を撤廃、無料、無制限のライセンスを開発者に提供する。

SAP HANA DBServices in SAP HANA Cloud

クラウド内での DaaS(Database as a Service)サービスを目的とするもの。SAP HANA Cloud 第1弾として、まず SAP HANA One を開始する。SAP HANA One は AWS で提供されるSAP HANA プラットフォームの新しい展開オプションとなり、これまで開発/テスト用途に限定されていた他の展開オプションを拡大、本番業務環境でも利用できるサービスとなる。

SAP HANA One では、小規模データセットを対象とした環境をクラウドでわずか数分で構築できるようになり、本番業務環境にもそのまま展開できる。

SAP テクノロジー&イノベーション担当エグゼクティブボードメンバー、Vishal Sikka 氏は次のように語っている。

「SAP HANA Cloud の発表により、開発者は、SAP HANA によって、アナリティクスが内蔵され、かつ非常に大きな高速性を活用する強力なインパクトのあるアプリケーションを、クラウドで構築できるようになった。これにより、顧客やパートナーは、極めて大きな高速性、瞬時に可能なモバイルアクセス、および高度なアナリティクスを、快適なユーザーエクスペリエンスの下に提供するという、新しい時代のニーズに応えたアプリケーションを構築できるようになった。SAP NetWeaver Cloud の発表は、このビジョンの実現に向けた大きな一歩である」