フリースケール・セミコンダクタ・ジャパンイーソルが、Freescale の車載向け「Vybrid」デバイス用ソフトウェアソリューションで協業、車載情報系アプリと制御系アプリを連携するソフトウェア プラットフォームを開発する。

非対称のデュアルコアを搭載した Vybrid デバイスでは、リアルタイムアプリケーションとマルチメディアアプリケーションを同時にワンチップで実行できるが、今回イーソルが開発した車載 Vybrid デバイス用ソフトウェアプラットフォームを利用し、電子制御ユニット(ECU)と通信する AUTOSAR 対応リアルタイムアプリケーションと、ITRON 資産を再利用した情報系アプリケーションを、効率的に開発できるようになる。さらに、両アプリケーションを連携させる仕組みも提供する。

ECU の車両情報によるドライブ支援、スマートフォンや車内機器との連携など、高度で多彩な機能とサービスをもつ、メータクラスタやオーディオ、カーラジオ、カーナビ、リアビューカメラなどのドライバー情報システム向け。

このソリューションは、10月22日と23日にザ・プリンス パークタワー東京で開催される「Freescale Technology Forum Japan 2012」で参考展示される。

フリースケールとイーソルが車載向け Vybrid 用ソフトウェアで協業
ソフトウェア・プラットフォーム ブロック図