グリーは、Unity と HTML5 に対応したスマートフォンアプリ開発支援ソリューション「Lightweight SWF」(LWF)を OSS として公開した。公開日は10月18日。

LWF は、独自ファイルフォーマットに基づくアニメーションエンジンで、Flash コンテンツから変換したアニメーションデータを、Unity と HTML5 で再生できる。

グリーでは、今年北米やヨーロッパなどでリリースしたモバイルソーシャルゲーム「Alien Family」や「Animal Days」の開発で LWF を採用、インタラクティブなアクションゲーム操作や、多彩なアニメーション表現、ユーザーインターフェイス表現を効率的に実現した。

なお、グリーは、公開後も LWF を継続的に拡張、リリースする予定。グリーの自社開発で利用するだけでなく、日本と世界各国のスマートフォンアプリ開発者、Flash アーティストに効率的な開発支援ツールを公開してスマートフォンアプリ開発の敷居を下げていく。

LWF は Flash プレーヤーに近い挙動をするので、Flash 開発経験者の学習負担を軽減でき、Flash アーティストがエンジニアリングなしにアニメーションやユーザーインターフェイスを作成できる。また、既存の Flash プレーヤーで不可能だった自由で高度なインタラクションを提供できる。さらに、ユーザーインターフェイス用とアニメーションエフェクト用といった複数の LWF データを同時に再生、制御できる。

グリー、Unity/HTML5 対応スマートフォンアプリ開発支援ソリューションを OSS として公開
Animal Days