NTT データは、クラウド型デジタルアーカイブサービス「AMLAD」を10月19日から開始する。

AMLAD は、各種デジタル化資料を保存し、それら資料に対する、検索、閲覧、貸出、返却などの機能を提供するクラウドサービス。図書館、公文書館、美術館、博物館をはじめとする各種資料保存機関は、独自にシステムを構築することなく、デジタルアーカイブサービスができるようになる。

また、これまで同社が国立国会図書館などで培ってきたデジタルアーカイブの技術ノウハウをもとに開発されており、複数 MLA 機関との横断検索や、NDL サーチ(国立国会図書館サーチ)連携のほか、電子書籍の貸出もできるなど、最新の電子図書館サービス機能を備えている。

秋田県立図書館で今秋より、同サービスを用いた新しいデジタルアーカイブサービスの稼働が決定しているという。
 

NTT データ、図書館向けクラウド型デジタルアーカイブサービスを開始
サービスイメージ