オランダ TIOBE は「TIOBE Programming Community Index for October 2012」を公表した。複数の検索エンジンの検索結果から、2012年10月のプログラミング言語の人気をランク付けしている。同ランキングでは、米国 Google が1年前の2011年10月に発表したプログラミング言語「Dart」が、発表以来初めて50位以内に入った。

Dart は、Web アプリ開発のために設計された言語。Google は、現在 Web アプリ開発で利用される言語「JavaScript」には修正できない根本的な欠陥があるとしており、これに代わる言語として Dart を開発した。だが、大手 Web ブラウザーベンダー Microsoft、Apple、Mozilla はいずれも Dart をサポートしないと表明しており、Dart の勢いがどこまで続くかは不透明な状況となっている。

Google「Dart」が初めてトップ50以内に―TIOBE プログラミング言語人気ランキング
TIOBE Programming Community Index for October
21位〜50位(出典:TIOBE)

同ランキングの上位の顔ぶれは、1位 C、2位 Java、3位 Objective-C、4位 C++、5位 C# となっており、今月も大きな変化は見られなかった。

TIOBE Programming Community Index for October 1位〜20位(出典:TIOBE)
TIOBE Programming Community Index for October
1位〜20位(出典:TIOBE)