グラモは、スマートフォン/タブレット端末で操作可能な家電向け赤外線リモコン ボックス「iRemocon」について、操作用 Android アプリケーションの新版に音声制御機能を搭載し、10月10日にリリースした。これにより、市販されている一般の家電製品を音声で制御できるようになる。Google Play で無償ダウンロード提供中。Android 2.1以降に対応する。

一般家電が音声制御可能に、赤外線リモコン ボックス「iRemocon」用 Android アプリの最新版で
iRemocon の利用イメージ図

iRemocon は、iPhone や Android スマートフォンを使い、自宅や外出先から無線 LAN(Wi-Fi)経由でさまざまな赤外線リモコン対応家電を制御できるコントローラ。家電用リモコン信号の学習機能を備えており、スマートフォンのアプリケーションから家電を操作できる。今回の新版は音声認識機能を搭載し、家電品の音声制御を行えるようにした。

iRemocon 本体
iRemocon 本体

アプリケーションの操作画面
アプリケーションの操作画面

音声認識機能を ON に設定すると、常に音声認識待ち受け状態となるため、ボタンなどを操作することなく音声のみで家電を操作できる。赤外線コマンドを複数組み合わせて送信するマクロ機能も備え、1回の発声で複数の動作を行わせたり、複数の家電品をまとめて操作したりできる。例えば、「いってきます」という音声命令で照明やエアコン、テレビなどの電源を一斉に切ることが可能。

グラモは、アプリケーションの操作画面を変更するツール「UI デザイナー」を用意している。同ツールを使うと、設計画面上で UI 部品をドラッグ&ドロップするだけで、好みの操作画面を作ることができる。

UI デザイナー
UI デザイナー

なお現在、iPhone など向け iOS 版アプリケーションへの音声機能組込みを進めている。また、住宅などに設置可能なスタンドアロン型音声認識サーバーの開発にも着手し、順次製品化する予定。

音声制御の紹介ビデオ