シマンテックは、2種類の組込み型ウイルススキャンソリューションの新製品「Symantec Protection Engine For Cloud Services」と「Symantec Protection Engine For Network Attached Storage」を10月12日に発表した。同製品は、クラウドおよびビッグデータ時代の市場ニーズにあわせ、ウイルススキャンと感染修復を高速かつリアルタイムで行う企業向けセキュリティソリューション。

シマンテック、組込み型ウイルススキャンソリューションの新製品を発表
ウイルススキャンソリューションの新製品を発表したシマンテックのトップページ

Symantec Protection Engine For Cloud Services は、クラウドサービスプロバイダなどの事業者やクラウドサービスを社内構築する企業を対象とした製品。メールや Web、エンドポイントクライアント/デバイスなどのアプリケーションを、単一製品で幅広く保護する。

Symantec Protection Engine For Network Attached Storage は、Network Attached Storage(NAS)の保護を対象とした製品。遠隔地に設置されたストレージなど、物理的に管理が難しい場合でも、脅威を迅速に検知/駆除することで、社内のウイルス感染を防ぐことができる。