ウェザーニューズは、10月21日に活動が予想されるオリオン座流星群にあわせて、24時間ライブ放送番組「SOLiVE24」で特別番組を組み、流星風景の生中継を行う。番組では日本と韓国の計7か所からリアルタイムで中継する予定。

SOLiVE24 では、スマートフォン向けアプリ「ウェザーニュースタッチ」や携帯サイト「ウェザーニュース」に利用者から寄せられたコメントを紹介し、流星を見た感動や喜びを共有する。ウェザーニュースタッチの「星空 Ch.」ではオリオン座流星群専用ページを用意し、星の見え具合が10分ごとににわかるマップや星空観測の豆知識などのコンテンツを配信していく。パソコン向け「流星見えるかなマップ」も公開中。

ウェザーニューズ、オリオン座流星群を10月21日に生中継、全国で観測できそう
オレンジの地域が「バッチリ見える」、黄色の地域が「チャンスあり」と予想されている
(出典:ウェザーニューズ)

オリオン座流星群は毎年10月中旬から下旬の時期に出現し、条件がよければ1時間当たり10個から20個の流星を観測できる。今年は10月21日の観測を予定しており、当日は移動性高気圧に覆われ、日本全国の広範囲で天体観測に絶好の夜空となる模様。北日本の日本海側では寒気の影響で曇りや雨のところが多くなるが、雲の隙間を狙えば観測も期待できるという。

21日は、11日現在全国的に冷える見込み。晴れる分、放射冷却による夜間の冷え込みが厳しくなる可能性があるため、ウェザーニュースは冬用のコートや手袋の着用を勧めている。