NTT データは、クラウドサービス BizXaaS プラットフォームサービスのラインナップとして、新たに「BizXaaS プラットフォームサービス Flex」の販売を開始した。「BizXaas ぷラットフォームサービス Flex」 では、オートスケールや、受領課金に対応した新たなサービスを開始する。

システムの基盤として、NTT コミュニケーションズのパブリッククラウドサービス「Biz ホスティング Cloud」を活用し、BizXaaS として運用監視サービスやマスタテンプレートなどオリジナルのサービスを追加した。

NTT データ、「BizXaaS プラットフォームサービス Flex」の販売を開始
「BizXaaS プラットフォームサービス Flex」利用イメージ

基盤とする「Biz ホスティング Cloud」は、国内からのアクセスに対しては低遅延で高レスポンスのパブリッククラウドサービス。「BizXaaS プラットフォームサービス Flex 」では、このサービスをクラウド基盤として活用し、NTT データのシステムインテグレーションノウハウと組み合わせ、システム基盤としてセットアップされた環境を提供する。

「BizXaaS プラットフォームサービス Flex」では、死活/リソース監視だけでなく、ログ監視やプロセス監視に活用できる監視サービスが標準設計され、SMTP サービスや運用監視エージェントなどがすぐに利用できる。さらに、リソース閾値設定によるオートスケーリングで業務量のピーク時に対応でき、大容量配信サービスなど高トラフィックシステムに対しても、高コストパフォーマンスのネットワーク帯域を提供する。