ノベルは、SUSE Linux Enterprise Server(SLES)で SAP アプリケーションを稼動させる最適化ソリューションの最新版「SUSE Linux Enterprise Server 11 Service Pack 2 for SAP Applications」(SLES11SP2 for SAP)を10月11日に発表、同日、SUSE 販売パートナー経由で販売を開始した。

SLES11SP2 for SAP は、管理性やアプリケーションのパフォーマンス向上、ネットワークの負荷分散など、「SUSE Linux Enterprise Server 11 Service Pack 2」に搭載された Linux カーネル 3.0 による各種機能拡張を SAP ユーザーに展開するもの。最新のハイパーバイザーに対応、物理環境のワークロードを仮想/クラウド環境に移行できる。

また、SLES for SAP は「SAP HANA」が稼動する唯一のプラットフォームであり、今回の最新版でも動作認定を取得している。

SLES for SAP は、SUSE と SAP が共同で開発/検証/認証、すべての SAP アプリケーションを対象に最適化されている。プラットフォームとして唯一、自動インストールワークフローを備え、物理/仮想環境への SAP アプリケーションの導入時間を大幅に短縮できるという。

SLES for SAP は、IBM、HP、NEC、日立などのハードウェア/ソフトウェアベンダーがサポート、認定している。