楽天グループの通信事業会社フュージョン・コミュニケーションズは、オージス総研と共同で、EC 向けクラウドサービス間の連携機能を提供する国内初のインテグレーション PaaS(iPaaS)「FUSION iPaaS」の販売を10月9日から開始した。

iPaaS とは、クラウドサービス間またはクラウドサービスと企業内システムの連携を実現する PaaS。一般に、連携に必要なメッセージのルーティングやデータ/プロトコル変換機能、アプリケーション連携の順序を記述した「統合フロー」をクラウド上で実行する環境を提供し、システムの開発コストや運用コストを削減できるという。

FUSION iPaaS の開発は、オージス総研が担当する。今回、FUSION iPaaS の中核として、OSS ESB(Enterprise Sevice Bus)である Mule ESB が採用されており、クラウドサービスの Web API を簡素に使いやすく変換できる。さらに、Mule ESB の持つ柔軟性や拡張性により、クラウド連携を効率的に維持・管理できるという。

楽天グループのフュージョン、国内初の EC 向けクラウド連携プラットフォームサービスを開始
システム連携のための多数の標準に対応する Mule ESB

なお、FUSION iPaaS のサービス第一弾として、楽天市場の店舗運営システム RMS API と楽天市場出店企業の自社システムをセキュアに連携するサービスを提供する。これにより、楽天市場出店企業が、RMS と自社システムのデータ連携上のセキュリティを強化しつつ、RMS API に対応する開発/運用コストを削減、開発期間の短縮できるようになる。さらに、自社 EC システムを FUSIONCloud(IaaS) に構築することで、よりセキュアな環境でレスポンスを改善できるマネージドネットワークでサービスを利用できるようになる。