今年のノーベル医学生理学賞に輝いた京都大学教授山中伸弥氏が、自身の研究人生と iPS 細胞のすべてをまとめた唯一の自叙伝本「山中伸弥先生に、人生と iPS 細胞について聞いてみた」を10月10日に講談社から発刊した。価格は1,260円(税込)

専門知識がなくても読めるようにわかりやすく解説された研究内容、および山中氏の人となりがわかるエピソードとインタビュー、今後のビジョンなどを盛り込んだ内容だという。
 
ノーベル医学生理学賞受賞の山中教授、自伝「山中伸弥先生に、人生とiPS細胞について聞いてみた」本日発刊
「山中伸弥先生に、人生とiPS細胞について聞いてみた」
 
同書の内容は次の通り。

■父は町工場の経営者
■高校柔道部から受験勉強に邁進
■「ジャマナカ」と蔑まれた研修医時代
■臨床医としての限界を感じて
■はじめての実験
■「先生、大変なことが起こりました」
■研究の虜になって
■求人広告に手当たり次第応募
■「VZの教え」とプレゼン力
■オスマウスが妊娠?
■はじめて発見した遺伝子
■帰国
■マウスの名は「トム」と「カーニー」
■「アメリカ後うつ病」にかかる
■新入生争奪戦
■負けがわかっている勝負はしたくなかった
■「京都の作り方」と研究手法
■設計図のしおり「転写因子」
■理論的に可能なことは実現する
■「長期目標」と「短期目標」の二本立て
■データベースで候補を絞る
■遺伝子を二四個まで絞り込んだ!
■「ほんまにこいつ賢いんちゃうか」
■論文捏造スキャンダルの影で
■名前は「iPS細胞」と
■再生医療の可能性
■病気の原因解明と創薬   ほか