米国半導体大手の Intel は、ストレージソリューション向け次世代 Atom プロセッサー「D2550/D2500」を10月4日に発表した。

Intel Atom プロセッサー D2550/D2500 によるソリューションでは、企業は従業員に対し、パーソナルクラウドによるストレージ機能を提供できるため、従業員は職場や自宅、外出先からも、接続環境が確保されたスマートフォン、タブレット端末、ノートブック PC、Ultrabook などの様々な機器から、高速かつ安全にファイルにアクセスできるそうだ。

このソリューションは複数のファイル転送プロトコルに対応できるため、企業は OS を気にせずデータやコンテンツを共有できる、という。

また、このソリューションは、McAfee AV SDK と VirusScan を搭載することで、セキュリティーを強化できる。さらに、すべての端末を一元的にバックアップできる。ビデオ監視システムを利用する企業は、最大2台のモニターを単一のストレージプラットフォームに接続でき、最大4台の高解像度カメラ映像で監視できる。

このストレージソリューションは、映画、音楽、ビデオ映像、ゲーム、写真などを一元的に保存するメディアプラットフォームとしても利用できる。