ドリーム・トレイン・インターネット(DTI)は2012年8月29日、仮想専用サーバーサービス「ServersMan@VPS」の定例アップデートを行った。ServersMan@VPS は、初期費用無料で、月額490円から利用できるサービス。

2012年6月の定例アップデートでの Debian GNU/Linux バージョンアップに続き、今回 CentOS のバージョンアップを実施する。

これまで ServersMan@VPS では OS に CentOS 5.4 を選択できたが、8月29日から最新安定版である CentOS 6.3 も利用できるようになった。既存の ServersMan@VPS ユーザーは DTI 会員専用の情報管理ページ「MyDTI」から OS を変更できる。CentOS 5.4 も引き続き提供しており、CentOS 6.3 を試した後に、元の CentOS 5.4 に戻すこともできる。

ServersMan@VPS では、CentOS を利用するユーザー向けに、用途に応じたアプリケーションをあらかじめ用意したセットパッケージを提供しており、即時にサーバーを構築できる。

今回のアップデートは、サーバーを試したいユーザー向けの「シンプルセット」での対応となるが、その他の「ディスクセット」「ホームページセット」「エンジニアセット」パッケージでも、順次 CentOS 6.3 に対応する予定。
ワンコイン仮想専用サーバーサービス ServersMan@VPS で CentOS 6.3 に対応
標準でインストールされるアプリケーション一覧