Technology

テクノロジー

トレンドマイクロ、クラウドインフラ「SPN」に新規データベース統合など機能を拡張

japan.internet.com 編集部
2012年8月10日 / 13:40
 
 
トレンドマイクロは2012年8月7日、クラウド型セキュリティ技術基盤「Trend Micro Smart Protection Network(以下、SPN)」の機能を拡張する、と発表した。

トレンドマイクロ、クラウドインフラ「SPN」に新規データベース統合など機能を拡張
Trend Micro Smart Protection Network の Web ページ

SPN は、莫大なセキュリティ情報のビッグデータを収集・分析し、ソリューションを提供するクラウドインフラ。今回の機能拡張により、従来のファイル/Web/メールに加え、新たに複数のデータベースを統合したり、既存データベースを強化したりするなどして、必要なセキュリティ情報を包括する。また、莫大なビッグデータの相関分析機能を拡充する。

データベースの新規統合では、モバイルアプリの不正な活動やプライバシー情報、電力消費量を評価するデータベース「Mobile App Reputation」、OS やアプリケーションの脆弱性を悪用した攻撃コードを検出する「ぜい弱性ルール」、企業内のネットワーク環境で不審な通信を検出する「ネットワークトラフィックルール」、検出精度を高める正規アプリケーション データベース「ホワイトリスト」などが追加される。

既存データベースの強化では、不正プログラム対策ソリューション「ファイルレピュテーション」において、新たにファイルの普及状況や地理・時期などの発見状況からも評価するコミュニティフィードバック機能を実装し、今後同社製品に搭載する予定。そのほか、Web サイトの安全性を評価する「Web レピュテーション」の即時性を向上させた。

ビッグデータの相関分析では、標的型攻撃などに対して標的の組織・攻撃手法・地理的情報など関連性の可視化や複数の脅威・活動の組合せの分析を行う。また、攻撃者が利用するツールや手法などの情報を、全世界に配置した監視センサーで収集し、同社の調査・分析エンジニアが解析。迅速な警戒情報の周知やソリューションを提供したり、各国の法的機関と連携したりするなどして、攻撃対策をサポートする。
【関連記事】
日本専用 ERP OSS「RUCARO 1.16.00」正式版をリリース
米国民生用クラウドサービスの Snap MyLife、日本の MCPC に参加
京セラ、グローバルでも利用できるクラウド型ネットワーク脆弱性診断サービス
AWS、クラウド DB 運用向け高性能ストレージオプションを発表
日立、BladeSymphony BS500 に上位モデルを追加

関連キーワード:
クラウド
 
ビッグデータ
 

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites