Technology

テクノロジー

ラリタン、データセンター高密度ラック向け三相大容量 400V の iPDU

japan.internet.com 編集部
2012年8月9日 / 06:00
 
 
 
ラリタン・ジャパンは2012年8月8日、米国 KVM スイッチメーカーの Raritan が、インテリジェント PDU(iPDU:ラック用電源タップ)製品ラインアップに 400V の高出力モデルを追加した、と発表した。データセンターでの高密度ラックの電力需要に対応するもの。

この大容量 iPDU でラックに高圧電力を直接供給し、ブレードサーバーや高密度サーバー、高消費電力ネットワークスイッチ、ストレージなどのコスト効率とエネルギー効率を高めることができる。ただし、三相大容量 400V の iPDU は、日本では現在受注設計のカスタマイズモデルのみを販売する。

400V の三相電力が Raritan の大容量 iPDU 2台に供給され、そこからサーバーに対し、それぞれ 230V の単相電力を供給する。この数値は、ほとんどの IT 機器が機能できる充分な電力量。また、次世代クラウドデータセンターやコンテナ型データセンター向け 480V/277V モデルも提供できる。

大電力を必要とする高密度サーバーやネットワーク機器、ストレージに、電源盤からラックに 400V 電力を直接供給することは、世界中のデータセンターで広く行われている。IT 機器搭載ラックに 400V の電力供給を維持することで、電源経路(power path)の過程で電力を低電圧に「ステップダウン」変換する必要がなくなり、変換に伴う電力損失も解消できる。400V の供給では、208V と比較して、エネルギー費用を2〜3%減少できる。 

ラリタン、データセンター高密度ラック向け三相大容量 400V の iPDU
iPDU 400V 高出力モデル
【関連記事】
ラリタン、アウトレット単位で電力を可視化するインテリジェント PDU を販売
ラリタン、ラック用インテリジェント電源タップを販売
ラリタン、データセンター資産を電子 ID タグで追跡管理するツールを販売
1台で8サーバーにノンブロック同時アクセスできる KVM スイッチを販売
ラリタン、サーバールームの外からアクセスできる KVM スイッチの販売を開始

関連キーワード:
クラウド
 

New Topics

Special Ad

ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」
ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」 「えん食べ」は、エンジョイして食べる、エンターテイメントとして食べものを楽しむための、ニュース、コラム、レシピ、動画などを提供します。 てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites