Technology

テクノロジー

AWS、クラウド DB 運用向け高性能ストレージオプションを発表

japan.internet.com 編集部
2012年8月6日 / 12:50
 
 
 
米国 Amazon.com 関連会社の Amazon Web Services は2012年8月1日、クラウドで高性能データベースの運用を求める顧客向けに、「Amazon Elastic Block Store(Amazon EBS)Provisioned IOPS」を発表した。

Provisioned IOPS(Input Output Per Second:リードライトの処理/秒)は、データベースアプリケーションなどの I/O 集中型ワークロード向けに設計された、新しい EBS ボリュームの種類。顧客企業が製品アプリケーションの開発、テストおよびデプロイができ、必要なパフォーマンスを獲得できるように設計されている。AWS Management Console で数回クリックすると、必要なストレージや IOPS で提供される EBS ボリュームを作成でき、Amazon EC2 インスタンスに追加できる。

Amazon EBS では現在、各 Provisioned IOPS ボリュームにつき最大 1,000IOPS に対応しており、近日中にさらに高い上限も提供する予定。

Amazon EC2(Elastic Compute Cloud)インスタンスが EBS ボリュームで提供される IOPS をフル活用できるようにするため、Amazon EC2 では、EBS-Optimized インスタンスを起動できるようになった。

EBS-Optimized インスタンスは、使用インスタンスの種類に応じ、て500Mbps から 1,000Mbps の間で、Amazon EC2 と Amazon EBS 間に専用スループットを提供するもの。EBS Provisioned IOPS と EBS-Optimized インスタンスの組み合わせにより、Amazon EC2 で最もパフォーマンスに影響されるデータベースを運用できるようになる。

Amazon EBS Provisioned IOPS ボリュームは現在、米国東海岸(北バージニア)、米国西海岸(北カリフォルニア、オレゴン)、西ヨーロッパ(アイルランド)、アジアパシフィック(シンガポール、東京)の各リージョンで利用できる。
【関連記事】
クラウドは、企業アプリケーションの開発時間を最大80%削減する
米国 Amazon.com、新 Amazon EC2 ハイ I/O インスタンスを発表
SAP、Amazon Web Services で 開発者向け HANA インスタンスを無償提供
NEC、AWS 対応 WAF とクラスタを販売
Amazon Web Services、「AWS Storage Gateway」を発表

関連キーワード:
クラウド
 

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites