Technology

テクノロジー

SAP ジャパンが HANA やモバイル、SNS と連携する「BusinessObjects BI」を販売

japan.internet.com 編集部
2012年8月1日 / 22:00
 
 
 
SAP ジャパンは2012年8月1日、HANA やモバイル、SNS と連携する BI ソリューション最新版「SAP BusinessObjects Business Intelligence 4.0 Feature Pack 3」(SAP BusinessObjects BI 4.0 FP3)の販売を開始した。

SAP BusinessObjects BI 4.0 FP3 ではモバイル対応を強化、Android/iOS 端末から場所や時を選ばずデータを参照/分析できるほか、Google 並みの操作性でデータを入手できるようになったそうだ。

また、SAP の企業向け SNS と連携したほか、「SAP HANA」との連携および「Apache Hadoop」サポートでビッグデータに対応、ユーザー自身がリアルタイムセルフサービスで BI を実現できるようになった。SAP ERP との統合も強化された。

SAP BusinessObjects BI 4.0 FP3 で強化された主な機能は以下の通り。

●モバイル対応の強化

Android/iOS に対応、モバイルユーザーは各種業務指標にダイレクトにアクセスできるようになった。どのデータをモバイルに展開するかを指定するだけで、デスクトップユーザー向けに作成された BI レポートをモバイル端末から閲覧できる。

●ビッグデータ対応

Apache Hadoop に対応すると同時に、インメモリーデータベース「SAP HANA」対応を強化、企業内データはもちろん、ソーシャルデータを含む PB 規模のビッグデータでも分析できるようになった。

●高度な洞察力の実現

SAP BusinessObjects Explorer を強化、Google 検索のような操作性でデータを活用できるようになった。SAP HANA、Apache Hadoop 対応により、高速で検索できる。また、従来はシステム部門を介して行っていた BI だが、ユーザー自身がカスタムビューを実装してセルフサービス BI もできるようになった。

●ソーシャル連携

同社の企業向け SNS「SAP StreamWork」と連携し、社内外を問わず、BI コンテンツを中心にしたコラボレーションができる。

●SAP ERP との統合を強化

SAP ERP との統合を強化し、合計100以上のダッシュボードや帳票を SAP ERP に組み込んだ形で提供する。また、「SAP Crystal Reports」との連携を強化、ユーザー自身で、SAP ERP 内のデータから独自のレポートを作成できるようになった。
【関連記事】
SAP ジャパン、簡易導入パッケージで NetWeaver BW から SAP HANA 移行サービスも
SAP ジャパン、モバイルアプリを配布/削除できる Afaria サービスパック
日立と SAP ジャパン、HANA 協業体制を強化
鼻の穴に指を突っ込んで使う iPhone ケース―「HANA」
SAP ジャパン、NetBase ソーシャルメディア分析ソリューションを再販

関連キーワード:
Google
 
Android
 
iOS
 
SNS
 
ソーシャル
 
Apache
 

New Topics

Special Ad

ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」
ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」 「えん食べ」は、エンジョイして食べる、エンターテイメントとして食べものを楽しむための、ニュース、コラム、レシピ、動画などを提供します。 てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites