Technology

テクノロジー

レッドハット、クラウド最適化 Java EE6 完全対応アプリケーション基盤を

japan.internet.com 編集部
2012年8月1日 / 20:00
 
 
レッドハットは2012年8月1日、従来より軽量化、高速化した Java EE6 完全対応 Java アプリケーションサーバー新版「JBoss Enterprise Application Platform 6.0」のサブスクリプション販売を開始した。

JBoss Enterprise Application Platform(JBoss EAP)製品、テクニカルサポート、製品アップグレード、修正プログラムを含む年額サブスクリプションは、16Core あたり85万8,000円(税別)から。

JBoss EAP6 は、仮想、クラウド環境で適用できるよう、軽量化、高速化を図った。

従来の Java EE アプリケーションプラットフォームは、CPU やメモリーなど、豊富なシステムリソースの使用を前提としていた。しかし、仮想環境やクラウド環境では、従来のように豊富なシステムリソースを要求するアプリケーションプラットフォームを利用すると、 CPU やメモリーなどに大きなコストが発生する。

JBoss EAP6 では、仮想環境やクラウド環境でのシステムリソースの利用を最適化し、初期起動は3秒以内。簡単なアプリケーションであれば、初期構成の使用メモリーでも 50MB でも動作する。

また、運用管理機能を向上では、新しいドメイン管理概念を導入した。

これにより、アプリケーションサーバーの運用管理が格段に簡単になり、また、新しく用意したコマンドラインインターフェイス(CLI)できめ細かく設定、処理を自動化できるようになった。

同時にリリースされる JBoss Operations Network 3.1 を活用することで、アプリケーションサーバーの高度なモニタリング、アラート通知機能を利用できる。

さらに、Java EE6 に完全対応した。

CDI(Context Dependency and Injection)をはじめ、 JAX-RS をサポートする RESTfull サービスなどを実装した。

同時にリリースされる JBoss Developer Studio 5.0 には、これらの開発生産性を高める様々な新機能が盛り込まれており、JBoss EAP6 での開発の生産性にさらに向上できる。
【関連記事】
レッドハット、ハイブリッドクラウド構築/管理の CloudForms を販売
レッドハット、OSS Storage Server で NAS 市場に参入
レッドハット、OSS インメモリデータグリッド「JBoss Data Grid 6.0」サブスクリプション販売を開始
レッドハット、 BPM と CEP 機能を統合した JBoss Enteprise BRMS 5.3 のサブスクリプションを販売
レッドハット、日本独自の基幹系向けサポートを RHEL 6 にも

関連キーワード:
クラウド
 
Java
 
CPU
 

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites