japan.internet.com
テクノロジー2012年7月5日 20:00

急増する企業クラウドのモバイル利用に応えるゲートウェイアプライアンス Array AG シリーズ

この記事のURLhttp://japan.internet.com/webtech/20120705/3.html
著者:japan.internet.com 編集部
国内internet.com発の記事
アプリケーション配信ネットワークソリューションの米国 Array Networks の日本法人、アレイ・ネットワークスは2012年7月3日、次世代セキュアアクセス ゲートウェイ アプライアンス「Array AG シリーズ」の販売を開始した。

Array AG シリーズは、64bit SpeedCore アーキテクチャを搭載する AG1100/1150/1200/1500/1600 の5モデルのアプライアンスで展開する。中小規模から大規模の企業、クラウドサービスプロバイダ向け。

AG シリーズは、企業でのクラウドサービス利用増加に対応するスケーラビリティを備えており、ユーザー管理/アクセス制御を集中管理することで、従業員が直接クラウドサービスにアクセスするのを防止できる。

クラウド用セキュアアクセス ゲートウェイとして AG シリーズを使うことで、従業員はシングルサインオンでログインし、あたかも企業内データセンターから提供される Web アプリケーションであるかのような Web リンクとして、クラウドサービスを見ることになる。

また、iOS や Android ベースのスマートフォン、タブレットから、物理、仮想を問わず、社内のデスクトップにアクセスできる。リモートデスクトップ技術を最大限活用し、データが社内ネットワークから離れることなく、またモバイルデバイス上の個人データと混同することもない。

クラウドのモバイル利用に応えるゲートウェイアプライアンス Array AG シリーズ
Array AG 利用イメージ (出典:Array Networks)

Array AG シリーズのアプライアンスは、1台で最大256の仮想ポータルを提供する。仮想化は、企業やサービスプロバイダに、完全に個別かつセキュアなユーザーコミュニティを創出できるので、従業員が所属する業務部門、パートナー企業、委託先企業、ゲスト、管理者、テナントといった利用者の属性に応じ、それぞれ個別のルックアンドフィール、アクセスポリシー、アクセス方式、アクセス先のリソースを割り当てることができる。

また、個々のユーザーに応じた使い勝手でセキュアアクセスを実現する、ユーザーごとのポリシーエンジンを備えており、管理者と開発者にはより多くの帯域の利用させ、一方で、経営層にはより多くの端末のを利用を認め、かつ機密性の高いデータへのアクセスを柔軟に認める、などの使い方ができる。

さらに、最大12万8,000の同時接続ユーザー、3.2Gbps SSL スループットに対応、高速 2048bit SSL  暗号化処理を備える。デスクトップ/ノート PC、スマートフォン、タブレットなどのデバイスで、Web ポータルやレイヤ 3-4 クライアントを経由し、ローカル/リモート、有線/無線であらゆる場所からアプリケーションやリソースにセキュアに接続できる。

AG1100 は 1U ラックマウントサイズのアプライアンスで、最大3,000同時接続ユーザー、AG1150 は最大1万同時接続ユーザー、AG1200 は最大2万5,000同時接続ユーザーに対応する。AG1500 は 2U ラックマウントサイズのアプライアンスで、最大 7万2,000同時接続ユーザー、AG1600 は最大12万8,000の同時接続ユーザーに対応する。
japan.internet.comのウエブサイトの内容は全て、国際法、日本国内法の定める著作権法並びに商標法の規定によって保護されており、その知的財産権、著作権、商標の所有者はインターネットコム株式会社、インターネットコム株式会社の関連会社または第三者にあたる権利者となっています。
本サイトの全てのコンテンツ、テキスト、グラフィック、写真、表、グラフ、音声、動画などに関して、その一部または全部を、japan.internet.comの許諾なしに、変更、複製、再出版、アップロード、掲示、転送、配布、さらには、社内LAN、メーリングリストなどにおいて共有することはできません。
ただし、コンテンツの著作権又は所有権情報を変更あるいは削除せず、利用者自身の個人的かつ非商業的な利用目的に限ってのみ、本サイトのコンテンツをプリント、ダウンロードすることは認められています。

Copyright 2014 internet.com K.K. (Japan) All Rights Reserved.