Technology

テクノロジー

Red Hat は買収する企業をどのようにして決定しているのか?

Sean Michael Kerner
2012年7月5日 / 06:00
 
 
 
どのような場合に企業買収を行い、どのような場合に自社開発を行うのがベストなのだろうか?これは、ビジネススクールでは昔から事例研究されているテーマだ。

買収相手がオープンソース企業であれば、この決定はさらに困難なものとなる。なぜならば、その企業の持つ技術はオープンなものなので、買収しても自分のものにはならないからだ。これは、Linux 業界のリーダー 米国 Red Hat が常に取り組んでいる課題でもある。

Red Hat は買収する企業をどのように決定しているのか?
今週 Red Hat は、ミドルウェア製品を開発する米国 FuseSource の買収を決定した。Red Hat CEO の Jim Whitehurst 氏は、InternetNews.com のインタビューに対して、買収を決定した理由を説明した。

「どんな企業も自分たちの強みを把握しておく必要がある。Red Hat の強みは、オープンソースコミュニティの活性化に長けていることだと、我々は認識している」

FuseSource の技術は、エンタープライズ サービス バス(Enterprise Service Bus:ESB)として知られるもの。Whitehurst 氏が、Red Hat で開発するのは困難だと認めているものだ。Whitehurst 氏は ESB 技術をもつ企業の調査を開始したとき、業界をリードする企業を探すことはしなかった。そうではなく、優れたコミュニティを探したという。ESB 技術の場合、最も優れたコミュニティは、Apache Camel プロジェクトだった。

「自分たちで ESB を開発する場合、必要な人材を確保することは可能だろうか?それとも、多くの優れた人材を持つ企業はあるのだろうか?FuseSource は、Camel コミュニティに10人のコミッターを送り込んでいた。それが決め手となった」

FuseSource は、ESB 分野での唯一の企業というわけではない。Mulesoft や Talend も活発な動きを見せている。だが、これらの企業は Camel のようなコミュニティを持っていなかった。

重要なのは「人材」

Red Hat が買収を実施する場合に、検討する要素はいくつもある。だが、もっとも重要なのは「人材」だ。

「オープンソース企業を買収するとき、もし従業員が Red Hat には来たくないと言いだしたら、我々は何に金を払ったのかわからなくなってしまう。なぜなら、知的財産は手に入れられないからだ」

Red Hat が2011年に1億3,600万ドルで買収した Gluster は、成功した例と言えるだろう。Gluster は、先週 Red Hat がリリースした「Red Hat Storage 2.0」のベースになっている。Gluster の従業員は皆、Red Hat で働くことを望んだ。そして、このことが買収を容易なものにした。

「FuseSource の場合でも、重要なのは買収金額ではなかった。従業員が買収後も会社に留まることを約束してくれるかどうか、Red Hat の一部になりたいと思ってくれるかどうかが重要だった」

今後の買収先として Whitehurst 氏のレーダーには、ソフトウェア定義ネットワーク、ビッグデータ、アナリティクス技術を持つ企業が映っているようだ。先週ボストンで開催された Red Hat Summit イベントの期間中、Red Hat はソフトウェア定義ネットワーク企業の Nicira にスポットをあてていた。その他、Red Hat はビッグデータでは MongoDB と、アナリティクスソフトウェアでは Jasper とパートナーシップを結んでいる。

Red Hat が特定の企業に興味を持ったとしても、すべての企業が Red Hat の一部になりたいと思うわけではない。Whitehurst 氏は、企業によっては Red Hat に買収されるのではなく、IPO への道を選ぶところもあるという。

OpenStack のケース

Red Hat は多くの企業を買収してきているが、買収には至らなかった技術も多い。その1つとして挙げられるのが、オープンソースのクラウドプラットフォーム「OpenStack」だ。Red Hat は、プラチナメンバーとして OpenStack に多くの貢献をしている。

「我々は OpenStack を買収する必要はないと考えた。OpenStack の貢献者は様々な企業に広く分散している。Red Hat は貢献者の何人かを雇い、OpenStack への貢献が継続できるようにした。それだけで十分だった」

Red Hat CEO の Jim Whitehurst 氏
Sean Michael Kerner は、InternetNews.com の主任編集者。
【関連記事】
Dell、Quest Software を24億ドルで買収
Red Hat、「Red Hat Storage 2.0」をリリース
Red Hat CEO、「iPad 用のオープンオフィスリーダーが登場するのを待ち望んでいる」
【書評】『うぶんちゅ!』―オープンソースの OS「Ubuntu」をコミックで学ぶ?
【Red Hat Summit】SAP:「我々は、オープンソースへと向かい始めた」

関連キーワード:
クラウド
 
Linux
 
Apache
 
ビッグデータ
 
OpenStack
 

New Topics

Special Ad

ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」
ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」 「えん食べ」は、エンジョイして食べる、エンターテイメントとして食べものを楽しむための、ニュース、コラム、レシピ、動画などを提供します。 てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites