Technology

テクノロジー

カラオケ「JOYSOUND f1」で「カラオケ」「バンド」がついに融合 (1/4)

japan.internet.com 編集部
2012年6月19日 / 11:10
 
 
 
エクシングは2012年6月18日、業務用通信カラオケ システムの最新モデル「JOYSOUND f1(ジョイサウンド エフワン)」を発売した。フル HD 映像採用、業界最多の20万曲収録、高レベル音源対応、動画撮影機能の強化のほか、オプション品の「サウンド エフェクター GB-1」でギターやベースといった楽器を接続できるようにした点が特徴。「JOYSOUND」直営店や全国各地のカラオケ店への設置を開始し、順次利用可能とする予定。直営店の導入スケジュールは、同社の Web サイトで確認できる。

JOYSOUND f1 は同社が5月に発表したフラッグシップ モデルで、その概要は紹介済みだ。そこで当記事は、ギター/ベース接続用オプション GB-1 の開発経緯や機能、サービス展開計画などを中心にまとめる。

カラオケ「JOYSOUND f1」で「カラオケ」「バンド」がついに融合
ギターの接続イメージ
JOYSOUND f1 とその上に載せた GB-1

【開発の経緯】

高校生ビッグ ジャズ バンドが活躍する映画「スウィングガールズ」のなかで、カラオケ ボックスに楽器を持ち込んで練習したところ店員に怒られて追い出される、というシーンがあった。楽器の音は、カラオケの音や歌声と違うので、ほかの利用者の迷惑になるから追い出されたのだろうか。あの場合は、カラオケ店が結んでいる著作権管理に関する契約が原因だったのかもしれない。というのも、カラオケ店は歌唱用と演奏用の部屋を明確に指定するよう契約で求められており、楽器演奏を黙認できないことがあるのだ。

しかし、カラオケ店で楽器を演奏したいという需要は間違いなく存在する。事実お客さんのなかには、カラオケ システムからマイクを外してエレキ ギターなどの楽器を強引に接続し、機械を壊してしまう不心得者もいるそうだ。また、ギター アンプを持ち込んで演奏し、大きすぎる音量で部屋の外に音を漏らす例もある。カラオケ店にとっては迷惑だが、こうした利用者に悪気などなく、音楽を楽しもうとする気持ちは一般のカラオケ ファンと変わらない。

そこでエクシングは、楽器を接続できる仕組みを正式に用意することで、楽器ファンとカラオケ ファンが一緒に楽しめる場を作ろうとしたのだ。さらに、楽器接続可能なシステムを設置することは、歌唱用と演奏用の部屋を明示的に分けられるため、契約の観点からも意味が大きいという。
【関連記事】
【コミック】企業 SNS 導入の理由とは?
【続報】ソニモバ、Facebook 連携スマホ「Xperia miro」を発表
東京事変の iPhone アプリ「東京磁針」、期間限定販売
「UQ WiMAX」が京急の上大岡駅で利用可能に、京急向けエリア整備完了
JOYSOUND のカラオケ ソーシャルメディア「うたスキ」、スマホに対応

関連キーワード:
カラオケ
 
通信カラオケ
 

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites