Technology

テクノロジー

ロモグラフィー「史上最小」110フィルム魚眼レンズカメラ

japan.internet.com 編集部
2012年6月19日 / 06:30
 
ロモグラフジャパンは2012年6月14日、ロモグラフィーのフィルムカメラとしては最小の110フィルム対応フィッシュアイカメラ「Fisheve Baby 110 Basic」と、同カメラのメタルバージョン「Fisheye Baby 110 Metal」(魚眼レンズ)を発売した。販売価格は Basic が3,980円(総額)、Metal が5,980円(総額)。

ロモグラフィー「史上最小」110フィルム魚眼レンズカメラ
魚眼レンズで撮影したイメージ

同製品はどちらもロモグラフィーが再生産を発表した110フォーマットフィルムを採用。円形の魚眼写真を撮影できる。実機のサイズは手のひらに収まるほど。レンズは約170度を映し出す魚眼レンズ。機能は通常の35mmフィルムカメラとほぼ同じで、多重露光機能やバルブモード機能を備え、長時間露光も可能。

Fisheye Baby 110 Basic (右)と Metal
Fisheye Baby 110 Basic (右)と Metal

なお Metal ではカメラボディの一部がメタルであるほかに、PC フラッシュアダプターが利用できる。

カメラの詳細は以下の通り
使用フィルム:標準110ロールフィルム(ポジ/ネガ/白黒)
画面サイズ:17×13mm
撮影レンズ:魚眼プラスチックレンズ(直径13mm)
画角:約170度
絞り:f/8(固定)
シャッタースピード:N(100/1)およびB(バルブ)
ビューファインダー:内蔵
 
【関連記事】
キヤノン EOS シリーズ、累積生産4,000万台を達成
7,980円で1,219万画素 CCD を搭載するコンパクトデジカメ「AGFAPHOTO Compact102」を発売
エグゼモード、AGFA 1,034万画素 CCD カメラをネット限定で販売
【台湾】Ability、ソニーから初のデジカメ生産受注か
大日本印刷、魚眼レンズで撮影した映像を平面画像に補正する技術を開発

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites