Technology

テクノロジー

「解読には数十万年」の暗号を解読、富士通研らが世界記録を達成

japan.internet.com 編集部
2012年6月18日 / 16:50
 
富士通研究所情報通信研究機構(NICT)、九州大学は2012年6月18日、次世代の暗号として標準化が進められているペアリング暗号について、278桁長の暗号解読に成功し、世界記録を達成した、と発表した。

ペアリング暗号とは、2001年に開発された、離散対数問題を安全性の根拠とする公開鍵暗号。ペアリングと呼ばれる数式を利用することで、従来の公開鍵暗号では実現困難な“応用”が可能となる暗号方式。

「解読には数十万年」の暗号を解読、富士通研らが世界記録を達成
暗号解読の難易度 イメージ図

これまで、この桁長の暗号は解読に数十万年かかることから、解読不可能とされていたという。しかし一方で、ペアリング暗号は歴史が浅いため、新しい攻撃法に関してはその検討が未熟だったそうだ。今回、新たな攻撃法の適用により、148.2日間で解読できる脆弱な暗号であることを実証した。

同社らによると、今回の成果は日本の電子政府や国際標準化機関などにおいて、安全な暗号技術を利用するための根拠として活用されるという。
【関連記事】
ビジネス SNS「LinkedIn」でパスワード漏洩、650万件との報道
【続報】「LinkedIn」のパスワード漏洩、「解読されたものもある」
NEC、大型ルータ並みの高性能小型ルータを販売
富士通研、テレビ映像経由でスマホ/携帯へ情報伝達する技術を開発
富士通、日本 IBM、南山大学など7団体、「次世代プロジェクト管理データ交換アーキテクチャ協議会」を設立

関連キーワード:
富士通
 

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites