Technology

テクノロジー

日本 MS、ロボット開発の ZMP と次世代自動車技術の研究開発クラウド環境

japan.internet.com 編集部
2012年5月22日 / 20:10
 
 
日本 MS、ロボット開発の ZMP と次世代自動車技術の研究開発クラウド環境
RoboCar HV
*クリックして拡大
日本マイクロソフトは2012年5月22日、ロボット開発会社のゼットエムピー(ZMP)と連携、車載センサー情報の収集/解析、制御技術やサービス研究開発環境を、自動車関連企業や通信、IT 関連企業などに提供する、と発表した。

開発者用に、両社のセンサー技術やクラウドサービスなどを活用した最新の開発環境を構築、開発・検証施設「マイクロソフト イノベーションセンター」内に設置する。

ZMP は2009年から次世代自動車開発環境「RoboCar」シリーズを販売しており、トヨタのプリウスをベース車両とした「RoboCar HV」の発売に伴い、クラウドサービス「Windows Azure Platform」と連携した開発環境を提供する。

モニタリングインターフェイス
モニタリング
インターフェイス

*クリックして拡大
車載データとして、ベース車両のセンサー情報に加え、ZMP が開発した車両の姿勢を計測する「IMU-Z」と「POSITION-Z」、人や車・障害物の距離画像を取得できる「RoboVision」、死角検知センサー「OpticalFlow-Z」などからの情報を収集、それらの情報をインターネット経由でクラウド(Windows Azure)に保存し、「SQL Azure」でデータベース化する。

一般に自動車メーカーや部品メーカーが量産前の実車試験を行うには、車載データ記録装置を使って走行、終了後に記録したデータをコンピュータに移動して解析している。

システム構成図
システム構成図
*クリックして拡大
今回はこの車載データ記録装置機能をクラウドに移し、開発者は場所を選ばず遠隔で解析、更新プログラムを実車に反映することができる。

RoboCar HV は、自動車の制御、部品の評価、安全や快適につながる技術、エコ走行など、次世代自動車技術の研究開発を支援するもの。

【関連記事】
部品販売会社のエレマテック、情報プラットフォームを Office 365 で一本化
日本 MS、開発スタイル Metro 普及で Go Metro 施策
富士ソフト、Azure などを駆使した環境情報可視化ソリューションを販売
日立とマイクロソフト、Harmonious と Azure を連携
MS、テクノロジーセンターを品川本社に移転

関連キーワード:
クラウド
 
SQL
 
マイクロソフト
 

New Topics

Special Ad

ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」
ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」 「えん食べ」は、エンジョイして食べる、エンターテイメントとして食べものを楽しむための、ニュース、コラム、レシピ、動画などを提供します。 てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites