Technology

テクノロジー

パイオニア、カーナビ情報を前方の景色に AR 表示する HUD 対応モデル

japan.internet.com 編集部
2012年5月9日 / 07:30
 
 
パイオニアは2012年5月8日、車載ナビゲーション製品の新モデルとして、AR(拡張現実)対応ヘッド アップ ディスプレイ(HUD)を搭載し、映像化したナビ情報を現実の景色と重ねてフロント ガラス先方に仮想表示できる1D+1D メイン ユニット タイプの「AVIC-VH99HUD」と 2D メイン ユニット タイプの「AVIC-ZH99HUD」を発表した。7月下旬より販売する予定。価格はオープン。同 AR システム対応の他モデルに仮想表示機能を追加するオプション品「AR HUD ユニット」(型番「ND-HUD1」)なども発売する。

パイオニア、カーナビ情報を前方の景色に AR 表示する HUD 対応モデル
AR 情報表示イメージ

この AR HUD ユニットは運転者用サンバイザーの設置部に取り付け、運転の支援につながる各種情報を前方の景色と重ねて表示する。光源は RGB レーザーで、仮想的なフルカラー画像を約 3m 前方に 90×30cm(約37インチ相当)サイズで表示できる。そのため、ナビ情報を確認する際の視線/焦点移動を減らせる。

AR 情報表示の仕組み
AR 情報表示の仕組み
*クリックして拡大

AR HUD ユニット
AR HUD ユニット
*クリックして拡大

AR 画像の内容はモードによって異なり、ルート情報や交差点情報などを表示する「HUD ドライバー モード」、高速道路の出口/施設/渋滞情報などを表示する「HUD ハイウェイ モード」、周辺地図などを表示する「HUD マップ モード」がある。目的地の駐車場の混雑情報を通信機能経由で取得し、随時更新して表示する「パーキング ウォッチャー」機能なども備える。

AR 情報表示の例
AR 情報表示の例
上:HUD ドライバー モード
中:HUD ハイウェイ モード
下:HUD マップ モード

*クリックして拡大

AVIC-VH99HUD と AVIC-ZH99HUD は、カメラで撮影した前方の映像を解析して運転者に情報を通知する「AR スカウター モード」も搭載している。この機能により、前方の速度標識や赤信号を検知した場合に注意を促したり、前方車両の発進を知らせたり、高速道路走行時のレーンまたぎ/ふらつきを警告したりといったことを行う。

AR スカウター モードに必要な「クルーズ スカウター ユニット」
AR スカウター モードに必要な
「クルーズ スカウター ユニット」

*クリックして拡大

なお5月下旬発売予定の1D+1D メイン ユニット タイプ「AVIC-VH99CS」「AVIC-VH99」、2D メイン ユニット タイプの「AVIC-ZH99CS」「AVIC-ZH99」は、別売の AR HUD ユニット(税込みメーカー希望小売価格は10万5,000円)を追加すれば AR 情報表示が行える。既存モデルにも、 AR HUD ユニットを追加可能な製品がある。

また AVIC-VH99/AVIC-ZH99 で AR スカウター モードを利用するには、別売の「クルーズ スカウター ユニット」(型番「ND-CS2」)が必要。税込みメーカー希望小売価格は5万2,500円。

新モデルの紹介ビデオ
【関連記事】
津波の浸水深を再現し、正確なデータを蓄積できる iPhone アプリが提供開始
「NEW HORIZON」の登場人物が15年後に三角関係へ--大人向けの展開、AR との本格コラボで成功した英語参考書
「世界で一番美しい元素図鑑」、ARを用いた販促プロモ公開
Ubuntu 12.04 LTS リリース―Microsoft アプリケーションもシームレスに利用可能に
デジタル時代の「飛び出す絵本」? AR を活用した「Between Page and Screen」

関連キーワード:
AR
 

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites